助成金詳細

地域雇用開発能力開発助成金

都道府県
東京
概要
地域雇用開発能力開発助成金は、雇用機会が著しく不足している地域(同意雇用開発促進地域(※1))において、その雇用する労働者の雇用開発・能力開発に取り組む事業主の方を支援するための助成制度です。当該地域内に所在する事業所の事業主が、当該地域に居住する求職者を雇い入れ、計画的に職業訓練を実施する事業主の方に対し、職業訓練の実施に要した費用の一部を助成いたします。ただし、企業の区分(中小企業・大企業)によって助成率が異なります。
対象者
次のいずれにも該当する事業主であって、あらかじめ、(独)雇用・能力開発機構(以下「機構」といいます。)各都道府県センターの受給資格認定を受けていることが必要です。

(1) 雇用保険の適用事業の事業主であること。
(2) 労働組合等の意見を聴いて事業内職業能力開発計画(※2)を作成している事業主であること。
(3) 事業内職業能力開発計画に基づく年間職業能力開発計画(※3)を作成している事業主であって、当該計画の内容を従業員に対して周知している事業主であること。
(4) 職業能力開発推進者を選任し、都道府県職業能力開発協会に選任届を提出していること。
(5) 労働保険料を過去2年間を超えて滞納していないこと。
(6) 過去3年間に雇用保険二事業に係るいずれの助成金についても不正受給を行ったことがないこと。
(7) 同意雇用開発促進地域内に居住している者を新たに雇い入れる事業主であること。
(8) 職業訓練を受けさせる期間において、所定労働時間労働した場合に支払われる通常の賃金を支払っていること。
主催
(独)雇用・能力開発機構
URL
http://www.ehdo.go.jp/gyomu/f-3-a.html

編集部おススメ対象者
雇用する労働者の雇用開発・能力開発に取り組む事業主の方

助成金一覧へ戻る