独立支援知恵袋

  • 質問日時:2013年1月10日 14:42
  • 解決日時:2013年1月10日 20:32
質問

転職活動中なんですが、管理職を経験させて頂いたり、経営をかじ...

転職活動中なんですが、管理職を経験させて頂いたり、経営をかじらせて頂いたりしたりと、自分で起業したいとも考えてます。元々ライター志望なんで、中長期的には、脚本や執筆で食べれるよう頑張るつもりなんですが、まずは、登録型の在宅ワークでライター仕事をしたり、日雇いの仕事をしながら、生計を立てたいのですが、その場合でも、法人化する事は可能なんでしょうか?株式会社にして、日雇い、在宅ワーク、知人の手伝いをきちんと全部管理して、申告や税金を納めると言うような形です。

ベストアンサーに選ばれた回答

ベストアンサーに選ばれた回答

法人化することは可能です。ただしデメリットの方が大きいので、まずは個人事業主として運営することをお勧めします。SOHO(在宅の受注)でライティングの案件を受ける場合、依頼者も相手が個人な点を理解しています。また、1案件の規模も小さいので法人かどうかと言う点や、資本金の額を気にするクライアントは少ないです。実績と価格を見るクライアントが多いので、コストをかけて法人化する必要性は低いです。実際にほとんどのSOHOライターは個人事業でやっています。税制に関しても、事業が軌道に乗るまでは個人事業の方が有利です。(一般的な指標としては年間所得が1000万円以上になれば法人化すべきと言われています)個人事業として開業する場合は、税務署に開業届を出してください。知識が無くてもその場で書けるくらい簡単な書類です。費用も掛かりません。納税は1~12月までの所得に対して翌年3月に確定申告して支払う形になります。


解決済みの質問

4860件中 1-10 件 表示
Webサービス by Yahoo! JAPAN