独立支援知恵袋

  • 質問日時:2012年12月5日 15:23
  • 解決日時:2012年12月20日 03:32
質問

飲食起業をしようと思っておりますが、4人ほどで小さな居酒屋を...

飲食起業をしようと思っておりますが、4人ほどで小さな居酒屋をやるのに会社を立ち上げるのと、個人事業主になるのとどちらがおすすめで双方何が違うのでしょうか。会社を立ち上げるのにお金がかかるというのはわかっていますが、税金などの詳しい双方のメリット、デメリット教えてください。

ベストアンサーに選ばれた回答

ベストアンサーに選ばれた回答

法人税の税率は所得が800万円を境に税率が決まるのに対し個人事業の場合は所得税率は所得の金額によって5%~40%までの6段階に分かれています、結果として個人事業と会社で同じ事業活動を行い同じ額の利益を上げても、最後に納める税金の額が違ってくる訳です。法人税に地方税を加えた税率の事を「実行税率」と言い、中小企業の場合には約25%程度になっていますが、個人事業の場合には6段階の所得税にい一律10%の住民税を足せば納税額を算出する目安とする事が出来ますので、個人事業で所得が330万円以上になったなら会社にした方が税金が安くなります。


解決済みの質問

4860件中 91-100 件 表示
Webサービス by Yahoo! JAPAN